[ 疲労度 ]

疲労度のシグナル表示

選手データの選手名右に表示されている●(シグナル)は、その選手の疲労度を表します。

《 疲労度とケガの関係 》
シグナル ●青 ●黄 ●赤
疲労度 低い ←→ 高い
ケガ しにくい ←→ しやすい

疲労度の上昇

試合への出場や、カードを利用した特訓を行うことで選手は疲労します。
疲労度が高くなるほど、試合後や特訓後に怪我をしやすくなるため注意が必要です。

怪我をしてしまうと、怪我が治るまでの期間その選手は試合に出ることも、特訓を行うことできなくなりますので、
育成には大変非効率的となります。効率よく選手を育成するために、怪我をしない進め方をしましょう。

疲労度が高い選手の扱い

選手たちに怪我をさせないために。
疲労シグナルが『黄色』の選手は、できるかぎり特訓を行わず、試合も「前半または後半のみ」や「数分間の出場」にとどめましょう。
疲労シグナルが『赤色』の選手は「試合への出場や、特訓は行わず」休ませることを心がけましょう。

疲労度を下げる方法

疲労度は、何もせず休息を与えることで回復します。
ホームタウン画面の左上にある「○月○週」部分を押すことで、試合(公式戦以外)を行わず次の週へ進むことができます。

チームメイトの疲労度が全体的に高い場合は、試合も特訓も行わず、次の週に進んだほうが結果的に効率的な育成が可能です。

特訓による疲労値一覧

下記ページで疲労値の確認ができます。

スペシャルメニュー一覧
スペシャルメニューサーチツール