[ 特訓メニュー ]

効率的な特訓方法

特訓を行うと、選手の能力は上がりますが、その分疲労度が上がってしまい、選手が怪我をしやすくなってしまいます。
また、特訓カードの枚数が少ない状態での特訓も、効果的なトレーニングを選択できず非効率的です。

ですので、怪我をする確率をあげることなく、効果的な特訓を行えるカードの枚数をためるため、試合が終わったらすぐ特訓ではなく、何試合かに一回の割合で特訓を行うことが最も効率的な選手の特訓方法です。

【試合を数回こなす】 → 【カードがたくさん溜まってから特訓】
◆結果: 疲労度があまり上がらす、好きなカードを選べるので効果的なトレーニングが可能!

 カードは貯めてから使う

最低限、各特訓カードを1枚ずつ貯めてから特訓を行うと、その選手にあった効果的な特訓ができます。
各カードのパラメータや、スペシャルメニューは以下のページに記載してあります。